記事一覧

お片付け祭 -1日目の結果-

 淡々粛々と進めてます。午前中はなかなか行けない病院に行ったりして、午後から祭りスタート。

 まずはリビングに手持ちの服全てを集結! 服に埋もれる部屋!! 「祭りだヒャッハー★」な精神状態なら、ここで服の山にダイブして、プレートトカゲが床材に潜るがごとく、服の海で遊びほうけるとこですが、そんなヒマ一切ないんで、早く片付けないと食事も睡眠も摂れないんで、ヒヨコ鑑別士のごとき冷静さでもって、「要」「不要」を判断します。

 服や靴、バッグ、その他諸々で、45リットルごみ袋が6個、つぶしたダンボール箱…not countになりました。明日も引き続きゴミ袋を膨らまし続ける予定。
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

スマッティー 2011年05月29日(日)13時21分 編集・削除

うぅ〜

オイラも見習ってちと掃除すっかな〜

よく服捨てれたね〜
「あ、いつか使うかも」「旅先であったら便利かも」とか考えると捨てらんないんだよねぇ(-ω-;)

ティーティ=ウー URL 2011年05月29日(日)13時56分 編集・削除

少し前にはやってた「断捨離」ってヤツですね。

ゆま URL 2011年05月29日(日)14時35分 編集・削除

>スマッティーさん
私も「いつか使うかも」とか「まだ着れるし良いものだしもったいない」って思って
捨てずにとっといてたんですが、本読んで考え方改めました。
「いつか使う」のいつかっていつ来るの?とか、何%の確率で来るの?とか、
そのときには服も傷んだり時代遅れになってんじゃないかとか、そう考えると捨てやすいですよ。
自分が本当に好きなものだけ手元に置いておけばいいんだってことで。

>ティーティ=ウーさん
私が読んでる本は「断捨離」とは少し違うみたいです。
って言っても、「断捨離」って字面から判断してるだけなんですが…。
「これは自分にとってときめくものか?(←引用だけどこっぱずかしい…汗)」という判断基準で捨ててくんです。
最終的に自分がときめくステキなものだけに囲まれた生活をしましょう★ってことなんだそうで。
書きっぷりがオトメちっくですが、書いてある内容はすごーく納得できます。
おかげで今まで無駄に溜め込んでたモノをいっぱい捨てられました。