記事一覧

大雄山最乗寺(5000Tの場合)

 ちょっと間が開きましたが、G10と5000Tの撮り比べ、5000Tの巻。

ファイル 1214-1.jpg

 この写真、G10のときと同じ立ち位置から撮ってます。どちらのカメラもズームは一切使ってません。焦点の合い方はもちろん、切り取れる風景の大きさが全然違う~!

 そしてこの写真、私的には5000Tの特色をよく出せたなって思ったのに、オトモダチには大不評でした。そもそもこのカメラの写り方が嫌いみたい。「せっかくの風景が変(≡д≡) 普通に写した方がいいよ!」とのこと。そういう意見もありますね…。
続きを読む

トラックバック一覧

コメント一覧

ティーティ=ウー URL 2011年04月29日(金)12時17分 編集・削除

自分のカメラでは「ミニチュアライズ」の機能を使うとき、見下ろした構図のほうが効果が出やすい・・と聞いた気がします。
しかし、やっぱり写りがキレイですね。さすがに機能を特化したカメラだけのことはあります。
写真というよりアートとして楽しめますね。実際の風景に意図を加えた「画」になるというのは絵を「描く」のと同じだなぁと感じます。

ゆま URL 2011年04月29日(金)23時47分 編集・削除

>ティーティ=ウーさん
そうです。やっぱジオラマを演出するなら見下ろした方がそれっぽく写りますね。
写りが綺麗って言っていただけると嬉しいです。
うちの母親には電気屋さんのチラシ見ながら「これの半額で普通のデジカメ買えんのね~」って言われちゃいました…。