記事一覧

本気で無一文体験

 旅仲間が会社の近くを通るって言うから、私のすっげえお気に入りの馬肉料理屋さんでランチおごってやんよ( ̄ー+ ̄)って呼びつけて、セルリアンタワーの近くにバイク停めさせて、意気揚々とそのお店に連れて行ってやったんです。

 その子もめちゃめちゃ美味しいって、こりゃーいいお店っすね!!って気に入ってくれて、だろだろー★って得意になって、いざお会計しようとしたら、私、財布持ってなかった(≡д≡)

 かろうじてクレジットカードは持ってたけど、カード不可だった。顔見知りの店員さんならハナシ通じるだろうとまだ少しは安心してたら、すでに休憩入ってた。旅仲間に払わせるようなマネは絶対できなかった(←だって全財産が2,000円って…orz)

 レジにいたのは初めて見る店員さん…。
続き
 「すいません、ほんと私、こちらの常連なんです。ケータイでもデジカメでも腕時計でも置いていきます。せめて名刺とかあればいいんですけど、今それすらも持ってないんです。この後すぐ会議なんで、すぐすぐは無理なんですけど、1時間半後には必ずちゃんとお支払いに来ますんで」

 ってすげー謝って、名前と電話番号(と、要求されてなかったけど念のため会社名)書いたら、納得してくれました。なんで信用してくれるんだろ。我ながら謎。もちろん踏み倒す気なんかさらさらないけどさ。このお店出禁になったら泣くの自分だもん。

 手持ちの金が乏しいとか、そういう体験は旅先で何度もしてきたけど、本気で無一文で見知らぬ人相手に切り抜けなきゃいけないっつーのは生まれて初めてでした。優しい店主さんでほんとよかった。もう二度とやんないよう気をつけよ。

 なんか疲れてるのかもねー。はよ寝よ寝よ。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
↑アクセスランキングに参加しています! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/999

トラックバック一覧