記事一覧

過去カメ

ファイル 69-1.jpg

 小学生の頃はクサガメ(↑参考写真)を飼ってました。ママンに「カメ飼いたい」って言って連れて行ってもらったのは花木センターの片隅にあった熱帯魚屋さん。そこにはクサガメとイシガメとミドリガメとワニガメがいて、図鑑に「小さいカメは飼育が難しい」って書いてあったのでミドリガメが選択肢から消え、かなりデカくて20万もするワニガメはもちろん手が出せず、出す気もせず、同じ¥1,000のクサガメとイシガメではクサガメの方が顔に愛嬌があったのでクサガメを選びました。(実際はミドリガメ=ミシシッピアカミミガメは相当生命力が強いみたい。今やあちこちの池で帰化しちゃってるもんね…)
続き
 でも、カメを飼うと決心するまでは幼いなりにかなり悩みました。私が死んだら誰がカメの世話をするのかと。当時はカメって100年くらい軽く生きるもんだと思っていたので…。

 クサガメの葵(あおい)ちゃんは甲長14~15cmくらい。庭に置いた大きな衣装ケースで飼っていたので、広さはかなり充実してたと思います。日光浴も思う存分出来たと思うし。深さは首伸ばせば息が出来る程度で、泳ぐほどの深さはなかったので、掃除の時に芝生の上を歩かせて「陸上特訓」、めいっぱい水を張ったバケツの中に入れて「水中特訓」を行ってました。葵ちゃんは泳ぎが下手で、バケツの中で溺れているようにしか見えなかったけど、歩くのはやたら早く、掃除中に姿をくらましたときは家族を動員して庭を捜索したり。そのときはそこそこ広い荒れた庭の隅の植木の下で発見されました。いつの間にそんな遠くまで歩いていったんだ??

 建替え前の家の裏庭には雨どいから流れてくる水で小さな川ができて、雨が降ると弟と葵ちゃんとよく遊びました。他のペット(キンギョとかメダカとかフナ)は水槽から出して一緒に遊ぶなんてことできなかったので、葵ちゃんはなかなか楽しい友達でした。川に橋かけたり、流れ変えたり、ダム作ったり、箱庭というか土木工事ごっこみたいにして遊んでいたのですが、そこを葵ちゃんが歩くと町を破壊する怪獣みたいでなんか面白かったです。今考えると雨どいの水なんてカメにはよくなかったかもなって思うのですが…。

 当時の私は刺身や肉が嫌いだったので、「私の分は葵ちゃんにあげて」と言って、葵ちゃんはカメにしてはなかなかいいものを食べてました。マグロだのすき焼き用の牛肉だのを割り箸で「あーん」ってあげると、いつものカメの餌とは全く違う食いつきのよさで、手まで噛みつかれそうな勢いで食べてたっけな~。でもほんとは脂が多いのであんまりあげてはいけないらしいです…。

 そんな葵ちゃんでしたが、冬が近づいた11月頃、大きな衣装ケースから忽然と姿を消していました。冬眠の必要性を感じて家出してしまったのか、それとも誰かに連れ去られてしまったのか。とにかくそれまではケースから逃げたことなんかなかったのに。寂しいお別れでした。

 そしてそれから10数年がたち、再度カメ飼育に手を出した私。幼少時に飼ってたイキモノって、その辺で捕まえてきたり、1,000円程度で購入したものばっかりで、まさか10円玉サイズのカメ1匹に3,000円超も出すとは思わなかったし、さらにヒーターだのバスキングライトだの餌もあれやこれや取り揃えたり、オトナって何でもお金で解決できちゃって何だかなぁ…って思います。っていっても、かなり100円ショップグッズを利用してるので、それなりに工夫や工作はしてるんですが。

 本やネットで知識を仕入れながら、慎重に、腫れ物に触るよーに飼育しているし。カメが餌食べなくて悩むとか、あんまり触るとストレスになるとか、驚かさないようにそろーっと生活するとか、葵ちゃんのときは考えもしなかった。もし今、私んちに雨どいの川があったとしても、そこで鉄雄と梅ちゃんと一緒に遊ぼうなんて絶対思わない。酸性雨とか、屋根の汚れとか、この土壌はカメにどうなんだとか、いろいろ考えちゃう。そう考えると、クサガメっていいヤツだったよなって思います。

ファイル 69-2.jpg

 そしてうちの彼は先月クサガメベビーを購入しました。岡山出身、ちと色薄め。まだオスメスわからないけど、桃太郎にちなんで太郎くんです(ほんとは桃ちゃんにしたかったんだけど、お隣さんちのお子さんが桃ちゃんなので断念)。こうしてみると、ミシニと違ってずいぶん尻尾長いんだね。ネズミさんみたい。帰宅して水槽に入れたげたらばしゃばしゃ暴れてて、まさかまだ食べないよなと思いつつもレプトミン・ミニを落としてみたらそっこーでばくばく食べてました。20粒くらい食べたかも…。その後はじーっと動かなくなっちゃった。食べ過ぎだろ…。うちの鉄雄でも購入して2日くらいは餌食べなかったもんだが…。

 おまけに甲羅を洗っても全然怒らないとか、うらやましすぎる~。うちの2匹は柔らかいスポンジで甲羅ゴシゴシしたらむちゃくちゃ嫌がって、思いっきり首伸ばして噛もうとしてきました…。あんなにミシニの首が伸びるとは知らなかった。クサガメってすげー大らかな人だよな。うちのと違ってかなり大きくなるんだろな。いい子に育ちますように。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/69

トラックバック一覧