記事一覧

レーシック手術の様子・前編

 ほんとは施術翌日に検査受けたら、通常は次回は1週間後なんですが、私はまだ炎症治まってないってことで、今日も検査に行ってきました。そしていまだに治まってないそうで、明日も行くことになっちゃいました…(-ω-;) まだ飲酒がドクターストップですよ。

 個人的なことなんだけど、ばあちゃんが倒れてから、お見舞い行ってちゃんと顔見るまでは酒断とうって決心して、そのまま予想外のレーシック手術になっちゃったんで、もう10日以上も飲んでないんですよ。飲み会でも、居酒屋で夕飯食べてても、連れが目の前でお酒飲んでるのに私はウーロン茶とかですよ…。

 マジきっつい(≡д≡)

 木曜が飲み会なんで、早期復活を望みつつ、手術の内容書きますー。今日はまだ恐くない部分。
続き
 手術当日。病院行ったらまた検査です。視力とか角膜の状態とか見て、手術受けられるかどうかを確認します。私はわずか2日前に検査したばっかだし、特に変わりなくOKでした。あと、機械でやる手術なので、機械の調子次第では予定の日にできないこともあるようです。

 お医者さんに「体調はいいですか?」って聞かれて、正直「怖くて吐きそうです」とか言いたかったけど、多分そんなこと言われてもお医者さん的には困ってしまうだけだと思うので、「普通です」って言っときました。

 あとは誓約書(手術の危険性について説明を受けて納得してます、とか)にサインして、手術料の支払い手続きをして(こんな高い金額をカードで支払うのって初めてだあ)、しばらくトイレとか行けなくなるので念のため行った後、手荷物全てをロッカーにしまって、手術控え室へ~。この時点でメガネ外させられます。もうこのメガネをかけることもないんだなと思うと、少し感慨深い。

 いかにも「クランケ~」な帽子を被せられて髪の毛全部中に入れて、手術服(?)着せられて、名前と生年月日を確認されて名前シールを肩に貼られ、今にも吐きそうな緊張感の中、名前を呼ばれるのを待ちます。待っている間は自分の受ける手術の説明書を読まされます。メガネ外してるから、私の視力じゃ顔のまん前まで持ってこないと字が読めませんw

 控え室にはもう一人同じ手術を受ける方がいたけど、帽子と手術服のせいで男女の区別もつきません。呼ばれてる名前からしたら男の人なんだろうな~というカンジ。説明書を読む様子から、目の悪さは私と同じくらいぽい~。

 名前を呼ばれたら手術室の扉の中へ。中は無機質な扉の並ぶ研究所風なカンジで、めちゃくちゃひんやりしてます。廊下で待っている間はひざ掛けかけてもらえるけど、それなかったら凍えます、マジで。無菌室?

 寝台に載せられ、名前と生年月日を言わされ、いよいよ施術スタート~。

 …なのですが、疲れたので続きはまた明日で~。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
↑アクセスランキングに参加しています! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/581

トラックバック一覧