記事一覧

初滑り、無事終了~

ファイル 424-1.jpg

 1泊2日の白馬五竜&47から無事帰宅しました。思ってたより全然雪ありました。山の上の方はだいたい滑れました。シーズン初なので足もすぐ疲れちゃうし、そう考えたら結構滑り倒せたかなと。

 写真は47の中腹あたりです。もっと上ならもっと雪いっぱいなんだけど、適度な斜度と長さのルート6を繰り返し滑ってました。

 しかし暖かい。つーか暑い。東京戻ってきたら大荷物持って歩くだけで汗だくです。これで12月終盤かよ。きもっ。

 次はいよいよ北海道だー。行く予定の場所は現在積雪量30cmで一部滑走可能状態。頼むからあと1mくらい積もってください(-m-)”
続き
 心地よい疲労とともに帰ってきたのが8時半。楽しみにしてたM-1グランプリを見てたら、なんか猫の鳴き声がするんです。まさかまたうちと塀の間に猫が落ちたのか?(←2007年11月にも同様のことが…) 毎度毎度もう勘弁して欲しい。不動産屋に言ってこの隙間塞いでもらおうかな…。

 ちょっと覗いてみたら案の定です。また子猫です。でもね、今M-1最終決戦の最中なんであと15分ほど待ってください。

 NON STYLEの優勝を見届けた後、いよいよ救出開始~。前にも同じことしてるから、今回は準備もスムーズです。でも今回の子猫はこないだのにも増してちょー臆病。ものすごい警戒心丸出しで、近づくこともできません。お前さ、さっきからにゃーにゃー鳴いて助け呼んでたじゃん。だから来てやったんじゃん。なのに何なの、その態度? 別に帰っちゃってもいいんですけど(≡д≡)?

 逃げられないこの密室に人間と二人っきりという恐怖からか、必死に柱に爪たてて登ろうとする子猫ちゃん。でもここ、上がねずみ返しみたいになってるから、結局子猫の力じゃ逃げらんないんだよね。

ファイル 424-2.jpg

 恐怖が高まって、いよいよフーッとか怒りの声まで出し始めちゃったよ…何なのもー(-ω-;)

 抱き上げたりなんで絶対できなそうなので、しょうがなく、上の写真の状態のときに身体を軽く支えてやることに。そしたら何とか自力で塀の上に上がることができました。

 そっこーで木に駆け上る子猫ちゃん。お礼とかないのか、失礼なヤツだ(`Д´) でも、絶対に手が届かないとこまで行ってから、ちょっとこっちを見下ろしてました。そうだよ。そのまさかだよ。お前のちょー怖がってた人間様がお前の命を助けてやったんだよ。よーくこの顔覚えとけ( ゜Д゜)y─┛~~

ファイル 424-3.jpg

 もう二度と落ちんじゃねーぞ。あとこの辺のチビ猫どもに伝えとけ。ここに落ちたらマジ死ぬぞと(オトナ猫なら結構自力で逃げ出せるようなんですけどね)。

 結構大仕事なんで、もう私の手を煩わせないでください…。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ
↑アクセスランキングに参加しています! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/424

トラックバック一覧