記事一覧

一人だから、ここまで来れた -前編-

ファイル 357-1.jpg

 先日のZRXのお話の続きです。買ったはいいけど、やっぱり正直持て余しました。今まで何とか手放しもせず、廃車にもならずにここまで来れたのは、サポートしてくれるショップはあっても、回りに一緒に走る人がいなかったから、っていうのもあるんです。
続き
 それまでただ遠く憧れてただけだったけど、いきなり購入候補リストのトップに躍り出たZRX1200R。もうすぐボーナスが出るという6月に連れて行ってもらったカワサキのショップは、小さいながらも店長がとても親切な方で、乗り手のことをちゃんと考えてくれる人でした。

 店長だって、私みたいなへろへろライダーにZRXが厳しいのはわかってた。でも反対は一切しないでくれました。

「マシンを持て余して乗れなくなるようなことがいちばんつまらない。あなたが乗れるように、いろいろやっていきましょう」と。

 シートを快適性が失われないギリギリまでアンコ抜きして、前後ともサスを再弱にして、とにかく足がつくようにしてくれた。やわいサスはイマイチ乗りにくくて、フロントサスはそっこーで、リヤサスは2年後くらいにまた固めてしまうんですけどね。

 明石工場から車両が届いたら、走り出す前にまず歩道で、「ここまで押してきてごらん。できないならもう少し考えなくちゃならない」って。この歩道は非常に緩いながらも上り坂だったので、全身全霊で押しましたよ~。中免とったときの、ギアが入ったままだった教習車を思い出したw

 それからよーやく乗ったわけですが、今までの癖が出た。ホーちゃんに乗ってると発進時、思いっきりアクセル開けていかないとまだるっこしいので、それをZRXでもやっちゃったんですね。フロントサスがスッと伸びるのを感じましたww さすがにウィリーまではしなかったけど…。私より、見てた人たちの方がぎょっとしたようですw

 どう工夫しようと、乾燥223Kgの車重は私にはものすごい負担で、最初のうちは信号待ちで足ついてるだけで筋肉痛になるくらい…。何とか軽くしようと、購入してしばらくは給油時に「5リッターで」って言ってましたw 19リッターの容量いっぱいにガソリン入れたら重くなると思ってたんですね。そのうちめんどくさくなって、初めて満タン給油したんですが、そしたらその重さでフロントサスが沈んで、逆に乗りやすくなりました…。

 ようやく手に入れたZRXでもツーリングに行きました。購入を勧めてきた彼氏と一緒にね。一人でZRXで走るなんてことは全く考えなかった。彼氏抜きで友達とツーリング行くときはホーネットで行きました。取り回しは自分ではほとんどできなかったんで。しかし、あまり気が合わず、喧嘩の絶えなかったうちらはその後1年くらいで別れちゃいましてですね、一人では取り回しもできないデッカいバイクが私の元に残されたわけですw

 長すぎるんで、次回に続きます…。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ ←アクセスランキングに参加しています!

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/357

トラックバック一覧