記事一覧

免許取ってその後…旅に目覚めちゃった期

 こないだの続きです。

 初の北海道ツーリングの様子はツーレポを見ていただくとして、私はこのツーリングで旅に目覚めてしまいました。見知らぬ場所を、地図とバイクを頼りに走り回り、広大な風景を見たり、知らない人とお話したりする生活が、むちゃくちゃ楽しかった。今日はどこに行こう、何をしよう、どこに泊まろうって、何も決まっていない一日の過ごし方を、その日の自分の位置や気分や天気なんかの状況に応じて好き勝手に決めていく自由な毎日は、今まで仙台市内の自宅と大学とバイト先を中心とした狭い世界で毎日代わり映えのない生活を送ってきた私には、あまりにも刺激的だった。

 どうして今までこんな楽しいことを知らずに生きてこれたのかというくらい。水を得た魚状態。北海道にいる間は、あちこち風景見ようと走り回るのに夢中で、ろくに食事も摂らず、帰ってくる頃にはジーンズが脱げそうなくらい痩せてましたw
続き
 帰ってきてからはもう、バイクと旅のことしか考えられなくなり、当時3年間付き合っていた彼氏とあっさりお別れしちゃったくらいの夢中っぷり。あのときはほんとに申し訳ないことをしたなと思うんだけど、こんなに楽しいことを知らない、そして知る気もない人(彼は親に反対されててバイクの免許をとる気はさらさらなかった…)と付き合い続けていこうという気に全くなれなかった。何より、バイクと旅以外に自分のリソースを割く余裕が全くなかった。正に無我夢中ってヤツでした。

 一応まだ学生で、4年後期にもなってまだ単位を取り残してたんで、授業には出つつ、合間を縫ってあちこち走り回りました。9月・北海道再上陸10月上旬・長野-静岡10月下旬・八幡平2-3月・沖縄→九州→中国→四国…それ以外にもちょこちょこと日帰りで宮城・山形・岩手あたりを回ったり、ほんと狂ったように走ってましたね~。3月に松山にいるときに、大学を無事卒業できる旨の連絡を受け、それじゃー就職しなきゃだなーと、しぶしぶ仙台に帰ってきたんです。せっかく東北というすごいいい環境に住んでたのに、もっと早くから旅を知ってたらもっとあちこち行けたのにと、後悔しまくりでした。

 相変わらず一緒に走る人は身近にいないし、全く余裕がない状態じゃ旅を楽しめないので、講習会にも通い続け、何とかバイクの腕も普通なレベルに近づいてきました。でも、「あー自分うまくなってきたなー」って思ったこの頃1年間くらいが、いちばん危なっかしかった気がします。端的にいえば「調子に乗ってた」。事故や警察のお世話になることがいちばん多かった時期。よろしくないスピードを出したり、この車ウゼーって普通の速度で走ってる四輪を追い越したり、ガッコに行くときはキャミソールとクロップトデニムで乗ったり。ほんとバカだったな。

 今はもちろん、無謀な追い越しなんてもってのほかだし、自分の中の制限速度(←一般道で四輪に追い越されることもよくあるくらいにかなり常識的な速度です)ってもんがあって、それ以上のスピードを出すことはまず滅多にありません(幅寄せした挙句に逃げてくような四輪を追いかけるときはリミッターが解除されることもあるけれどw)。

 服装も、腕や足を露出した状態でバイクに乗ることもなくなりました。TPOってものをひしひし感じた。安全面ももちろんあるけど、何よりバイクに乗るにはバイクに合ったカッコがあると思うよになりました。街を歩いてるときにカッコいい服が、バイクの上でもカッコいいとは限らない。講習会に通ってたのも、ヘロヘロな走りやフォームが危険であると同時にものすごーくカッコ悪いと思ったから。せっかく「なんてカッコいいんだ!!」って一目惚れした乗り物に乗ってるのに、あんまりみっともないカッコではいたくないなと。(まあ、今もそんなにカッコよくはなってないですが、あの頃と比べたらね、まあまあ成長したかなと…)

 そうそう、6月時点でホーネットで発進→エンスト→立ちゴケしてた小娘が大型自動二輪免許を取得しようと教習所に通い始めたのは、そのわずか4ヶ月後なのです。大型免許取得→ZRX1200R購入のお話もまたそのうち、時間あるときに書こうかなと。私がZRX購入に踏み切った理由は、ものすごーく情けないモンだったりするんです…。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ←アクセスランキングに参加してます!

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/260

トラックバック一覧