記事一覧

免許取ってその後…バイク持て余し期

 また雨であんまりネタもないので、教習所の思い出のその後のお話でも。

 当時の私は身長160cm、体重44Kg(今はもちっと肉付きよくなりましたww)。女性ライダーの中にはもっとずっと小さくても大きなバイクを華麗に扱ってる方もいるけど、私は中学・高校・大学と、一切スポーツをしてこなかったんで、筋力は生きるのに必要なくらいしかないし、運動神経もないしw そんななんで、バイクに乗るって結構大変だったんです。今でも大変だけど。
続き
 そもそも、中免取って250cc買った理由が「せめて400ccよりは軽いんじゃないか?」って、藁をもすがるよな思いからですからね。でも衝動買いしたホーネットは、250ccネイキッドの中ではかなり車格が大きい方で、期待したほど軽くもなく、立ちゴケしまくり。ほんのちょーっと斜面とか砂利のとこ入ったら、もう取り回せないという有様で、さらに道も全然わからないし、こんな状態で一人で走り回るなんて恐ろしすぎて、6年間憧れ続けてようやく免許とバイクを手に入れたにもかかわらず、その後3年間、持て余してほとんど乗らない日々が続きました。3年間で6,500Kmしか走らなかったはず…。

 周りにバイク乗る人が皆無だったもんで、ツーリングクラブってもんに入ってみたものの、イマイチ水が合わないカンジ…。あ、一人では全く走れなかったんで、ここに所属してなければそれこそバイク手放してたと思うんで、あちこち連れ出していただいたことはもちろん感謝してるんですが、やっぱり気が合って集まった仲間ってわけじゃないし、年齢層がちょっと上の男の人ばっかりだったし、みんな一人で走ることに「寂しさ」を感じて集まってるという雰囲気があって、ちょっとなじめなかったです。今になってみれば、私は一人旅が好きなタチだったので、そりゃなじめなかっただろうなと思います。

 それから大学4年になって、何とか就職も決まり、そういえば久しぶりにバイクなんてもんにでも乗ってみるかね~と思ったら、ちょうどチームマリのライディングスクールが仙台で開催されたんです。女の子オンリーの二輪講習会。いつか参加してみたいなと思ってたヤツなんで、勇気出して行ってみました。会場まで無事にたどり着けるかも不安だったけど。その当時はほんと惨憺たる有様でしたね~。パイロンスラロームで発進しようとしてエンスト→立ちゴケがデフォ、みたいな(汗) 初めてお会いした井形トモさんに「コケ方うまいね」って誉められたのを覚えてます。それって誉め言葉なのかもギモンですが…。

 この講習会の後も1~2回、ホンダの講習会に行って、それまでが100点満点で5点くらいだった走りが32点くらいになったかなと。わずか2ヶ月の間に今までの6倍以上上手くなったわけです。飛躍的向上だよね。この時点でまだUターンもできませんが。

 講習会のおかげで何とか一人で走れそうな自信もつき(それはあくまでも気のせいなのに)、社会人になったら今までみたいに有り余る自由はなくなるぞってあせりもあり、私は何かに追われるように北海道に向けて一人で走り出すわけです。

 続きはまた次回~。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ←アクセスランキングに参加してます!

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yuma.quu.cc/diary/diary-tb.cgi/258

トラックバック一覧