記事一覧

一人だから、ここまで来れた -後編-

 昨日のお話の続きです。

 ZRXは大好きだ。しかし、これに乗って一人で遠出できるのかと聞かれたら、自信は全くない。立ちゴケはもちろん、ちょっと変なとこに駐車しただけで、私はもう身動きとれなくなっちゃう。出かけられないだろ、こんなバイクで…。
続き
 けど、憧れ続けてようやく手に入れたZRXを、一人じゃ乗れないとか言っていつまでも腐らせておくのかと。また取り回ししてくれる彼氏が見つかるまで乗らないの? それってライダーじゃない、ただのオーナーだよね?

 って思い、2004年GW、思い切って初めてZRXで一人旅に出た。屋久島にね…あんな小さな島に、こんなデカいバイクを持ち込んだんです。ほんとバカだった。案の定、狭くて渋滞しまくってる駐車場で取り回し中にバターンと見事に転がしまして、あーあ、やっちまったー(≡д≡)と思ったけど、大勢人がいたのが幸いして、みんなが起こすの手伝ってくれました。本当に助かりました。

 一度失敗しちゃったんで、それからはあんまりためらいなく一人旅に出るようになりました。北海道九州四国東北。いっぱい走った。

 一人だから、コカすようなことだけは絶対しないように細心の注意を払います。無理なことは絶対しない。自分がUターンできると思えるだけの道幅がなければ、道が間違ってることに気がついたって延々進みます。駐車場に停めるときも、出すときのことを考えて慎重に場所を選んで停める。砂利道は絶対入らない。山道は思いっきりスピード落とす。

 これが誰かと一緒になると、無理にでも合わせて走らなきゃならなくて、きっとつらいことになると思うので、友達と一緒のツーリングなら相変わらずホーネットで行ってました。ZRXはソロツーリングのときだけ。

 少しずつ、できることが増えてきた。多少の坂でも取り回しできるようになったし、砂利の駐車場でも入れるようになった。Uターンも、まあある程度道幅があって慎重に時間かければ何とかかんとかできないこともない。両足つきながら、だったりするけど…。

 それまでは自分のバイクにまたがるのに「あの、本日もどうぞよろしくお願いいたします」的な遠慮した態度だったのが、「よーし、ぜったん行くよ~」になった。ZRX1200Rに乗って集団でツーリングしてる女の子に「よくこのバイクで一人旅なんかできますね~」ってびっくりされたりもするけど、一人だからできてるのかなーと思います。人と合わせて走るから無理が出る。人がやってくれると思うから、自分が進歩しなくなる。

 いちばんデカかったのは、仕事辞めて行った中国地方ツーリング。22日間、約4,000Km、ほぼ毎日一人でZRX走らせて、これで完全に慣れました。初日にいきなり立ちゴケするし、最初の2~3日はただ公道を走ってるだけなのに肩こりとか筋肉痛とかつらくて、このまま進んだらヤバいんじゃないかって思ったけど、そのうち何でもなくなりました。上手くなったとは思わないけど、ZRXに慣れた。

 今はだいぶ、誰かと一緒に走るときでもZRX出せるようになりました。ただの足として使うこともできるようになったし(←私みたいにバイクを持て余してる人間にとっては街中走るのがいちばんイヤなんです。細かい道も走らなきゃいけないし、狭い駐車場に入れなきゃいけないし)。まあ、結局のところ、乗って乗って慣れるしかなかったんだなと。

 今もコケたら起こせません。でも、ほんとに正直なところを言っちゃいますと、私、斜面とかでコケたらホーネットでも引き起こしできないんです。つい1年くらい前にわかった…。結局、何に乗ってもコケたらそこで終了なら、もうそれこそどんなバイクに乗っても多分同じ…。

 ただ、やっぱりそういうところで不利な分、何とかして、運転技術を向上させることで、少しでも危険を減らそうと思ってます。今年はホーちゃんで修行、修行。頑張ります~。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
7月の全国制覇・能登ツーリングの2日目をUPしました~。
こんなヘロヘロだったけど、今も何とかZRXで一人旅してます。
よろしかったらどうぞご覧ください →こちらからどぞ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ ←アクセスランキングに参加しています!

コメント一覧

ジャンキィー 2008年10月09日(木)01時58分 編集・削除

なるほどー、   人は海に出る。
形や形態は、さまざま、ですが、人は海に出る。
大型船が、好きな人 小型船が、好きな人、
嵐にあい、帰らぬ人 島を見つけて、上陸する人
島で、暮らし始める人  島から出て、また航海
する人、さまざまです。

ひとつの物事を、何十年も続けるには、自分で
乗れる環境を作り出すしかないようです。

個人的には、そこから抜け出せない。自分に
なってしまってるようです。(笑)

初めて、単車に乗り始めた時から、の自分と
単車に出会わなかった今の自分を、想像してみて
下さい。  

得たモノがあり。失ったモノが有る。

mikazuki Eメール 2008年10月09日(木)17時34分 編集・削除

んー、やっぱ経験ですかね~。
中には乗ればいいってもんじゃないって言う人もいますけど、
ボクは乗らないとわからないことってたくさんあると思うんです。
中でも知らない道を一人で走るっていうことは
絶大な効果があるんではないかと。
確かにキケンも伴いますけど、
Uターンひとつでもいろんなケースがあって、
ここはこうしたほうがかしこい、みたいな。
ボクは今のバイクを速く走らせたいとは思わないけど、
どんな状況でも確実に安全に走るスキルは身につけたいと思いますね。
こればかりはバイクの大小無関係じゃないかと。
永く乗り続けたいですね。

ゆま Eメール URL 2008年10月11日(土)00時24分 編集・削除

>ジャンキィーさん
何に価値観見出すかはほんと人それぞれだなって思うんですけど、
私にとってはバイクはもう絶対切り離せない人生の要素です。

>初めて、単車に乗り始めた時から、の自分と
>単車に出会わなかった今の自分を、想像してみて
>下さい。  

バイクに乗ってなかった頃の自分はほんとただ、ダラダラと生きてましたね~。
何も自分の意思がなかった気がします。何となく大学行って、バイトして。
ほんとに時分の意思で走り始めたのは21歳なので、
それ以前の自分は今から考えると人形みたいなもんに思えちゃいますw
失ったもの、多分いっぱいありますけど、一切後悔してません。
傍から見たら危なっかしい人生らしいんですが、私はいつも今が一番楽しいと思って生きてますし。

ちょっと今はバタついてて時間に追われてるんですが、
少しして落ち着いたらジャンキィーさんとこのブログも拝見しに行きますね~。

>mikazukiさん
ある程度上手くなるまでは、やっぱり慣れだなって思います。
慣れちゃった後は、ちゃんと上手くなろうって意識して乗っていかないと上達もないですが。

いろんな場所を走ることで、こういうシーンではこうするのが正解っていうのも少しずつ見えてきますよね。
何も知らないときはほんとすごかったですよ~。
むっちゃくちゃヘタクソなくせに、歩道の段差から斜めに車道に下りようとしてすっ転んでましたしw
あ、でも先日、Dトラがためらうよな側溝でも直角に突っ込めば
ホーネットで乗り越えられることを発見しました≧(´▽`)≦
(↑気づかず突っ込んじゃっただけなんですが…汗)

まあ、そういうここまでやったらどうなる?みたいな無茶をしたいわけではなくて、
余裕を持って安全に走れるようになりたいです。
この先もずーっとずーっと末永い趣味にする予定なので。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー