記事一覧

だから私は下道を走り続ける

 楽しい週末を過ごして、ついさっき帰宅しました~。

 ちーと遅くなってしまったし、小雨も降っていたので、彼には高速を使うことを勧められたけど、私、お金かかるし、なんか心躍らないし、高速あんまり好きじゃないんです。なのでR20をホーネットで延々走って帰ってきたのですが。

 彼が心配してた通りの危ないシーンと、私が好きな下道ほんわかストーリーと、両方を体験することになりました。
続き
 首にマフラーのライダーぽくないカッコのワカモノライダー。後ろにぴったりくっついてくるし、黄色線でも何でもすり抜けしていくし、正直あんまり好きな走りのタイプではないんだけれど、ペースが一緒なもんで軽く追いかけっこ状態で走ってた。抜きつ抜かれつ。

 で、その子が先を走ってて、私がだいぶマージンとった車間距離保って後ろを走ってたら、急に右折してきた車が(汗) だいぶ後ろにいた私までかなり強くフロントブレーキ握ったくらいヒヤッとするシーンだったけど、その子は大きく左車線にはみ出て何とか避けた。ちょうど車群から抜け出していてよかったわε=( ̄。 ̄;A

 で、その子はクラクション鳴らしたんです。私には当然の行動だと思えたけど、その車はすげー勢いでその子を追いかけ始めた。

 えっ、何なの、それ? なんかおかしくね(≡д≡)?

 結局その子は歩道に逃げ込んでその車をやり過ごして、その一部始終を見ていた私は、歯軋りするくらい悔しい思いを感じてた。危ない目に合わされて、抗議したら、さらに危ない思いをさせられて、何の抗議も仕返しもできなくて、私も何の援護をすることもできなくて、結局やられっぱなしで黙ってるしかないのかな? すげー弱者だよね。うちら…。

 すぐに信号に引っかかったので、ミラーちらちら見てたら、すぐにその子がまた後ろに来たので、自分のポリシー(下記参照~)を破って、思わず話しかけちゃった。「大丈夫でした? すげータチ悪い車っすよね。」って。「あ、そうっすね。止まるかと思ったんですけどね」って、ワカモノだからもっと熱くなってるかと思ったら、私なんかより全然冷静なカンジだったな。都会っ子だからこーゆーシーンに慣れてるのかな?

 その後もしばらく一緒に走ってたけど、その子はアンダーパスに入らずに側道のレーンに入ったので、あーここでお別れなんだなーって思ったら、その子、大きく手を振ったのね。ちょっとびっくりしたー。

 もちろん私も手を振りました。信号待ちのわずかな時間に一言二言しか会話してないんだけどね。同じ道を一緒に走ったライダー同士の連帯感、みたいな。こういうの、すごい好きだわ。

 公道は殺伐としているけれど。如何にして自分だけが早くスムーズに走れるかって、みんながみんな自分のことしか考えてないような場所だけれど。

 そんな場所で、たまーにこういう出会いがあると心が暖まるよね。こーゆーのを求めて、下道にこだわってる気もします。

 あ、でも。基本私、街乗りで他のライダーに話しかけるようなことしません。これ、私のポリシー。なので知らないライダーさんと追いかけっこ状態になったりして、「結構速いですねー」とか話しかけられようもんなら、そっこーで冷めて競争から降ります。

 言葉で通じるのは当然なんだよね。人間なんで。常識的過ぎてつまんない。ライダーなんだから、お互い顔も素性もわからない者同士、走り方とかマシンとかその人の装備とかのみで相手と分かり合いたいんです。今回はほんと特別。

 さて。あの子も雨が本降りになる前におうちに着いているとよいな。四輪から激しく邪魔者扱いされてるらしいうちらですが、そんなことで公道降りるよな負け犬じみたことはしませんよ、少なくとも私は。お互い末永く安全に楽しく乗り続けられるとよいなと、祈ってます。

にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ ←アクセスランキングに参加しています!

コメント一覧

mikazuki Eメール 2008年09月29日(月)09時20分 編集・削除

うーん、二輪乗らない四輪の方にとっては
二輪はいつまでも格下ってカンジなんでしょうね~。
ちょっと小突けば転んでしまう乗り物って意識もなさそうです。
いつでも加害者になるってこと考えてるのかなあ。

ただ、ボクはすりぬけはしないんです。
ボクは四輪も乗りますけど、あれってびっくりします。
と同時に少しズルされた気分にもなるんですよね。
たまにすりぬけされないように寄せてる車見ますけど、
あれってあからさまな敵対視ですよね~。

バイクって公道では色んなイミで特別な気がします。
そんな特別な乗り物降りられませんよvv

ゆま Eメール URL 2008年09月29日(月)21時13分 編集・削除

>mikazukiさん
四輪の人にとってはちょこまかわずらわしい存在でしょうね、バイクなんて。
私もそう思うんで、走行中のすり抜けはしないことにしてます。
全く動いてないときだけ、行かせてもらって、
信号待ちの先頭に出たり、車列の間に入れてもらったらぺこって頭下げます。
それでもむかつく人はいるでしょうけどね…。

あ、あと、窓から煙草の灰落としたり、
後ろにバイクいるのにウォッシャー液出すよな車だったら、悪いけど先行かせてもらいますw
好き好んで汚れたくもないんで…。

四輪の人も全員が全員敵対してるわけでもないですよね。
話しかけてくれる人もいるし、道譲ってくれたり、ねずみとり教えてくれたり。
バイク同士も誰とでも仲間~なわけじゃないし、あいつの走り方むかつくわーって思うときもあるし。
今回のライダーさんも、普通に見てたら正直嫌いなタイプのライダーさんだったんだけれど、こういうことになったりもするし。
お互いがそれぞれ考えを持って走ってることを理解すれば、全員が全員敵じゃなくなると思うんですけどね。
なかなか難しいですよね…。

うでぃー 2008年09月30日(火)01時09分 編集・削除

人それぞれポリシーってあるもんですねー。

それよりも、上述は自動車が二輪に対して因縁つけたって解釈でいいんですかね。
今回のはかなり悪質っぽいですね。

自動車の運転手も、すり抜けを阻止しようと躍起になっている人とかいて、すり抜けようと思ったら逆に寄せられてあぶねーっなったことがなんどかあります。
なんなんだ、事故を増やしたいのか、彼らは?

オレンジラインのすり抜けはお回りさんが怖くてやってないけどね☆

mikazuki Eメール 2008年09月30日(火)16時36分 編集・削除

おっと、こりゃうっかりハチベエ←ふる
そうですね。四輪の方をひとくくりにしてはいけませんな。
しっかり認識してらっしゃる方もいるし、
ゆまさん言うように親切なドライバーさんもいます。
ただ、そうじゃないドライバーさんにがっかりしちゃうんですよね・・・
同じ公道を走る車両ですから、うまく共存していきたいですね。

ゆま Eメール URL 2008年10月01日(水)00時13分 編集・削除

>うでぃー
そうそう、何事もポリシーがないのはつまんないよ。
走りにも主張と一貫性を持ってれば、文句言われても言い返せるし、
下らない嫌がらせにも屈しない気がするんだよね、多分。

今回のは件は車が逆ギレしてバイクを追い掛け回したんだと、私は理解してます。

いるねー、寄せてくる四輪。
でも逆にすり抜けできないときにヴォンヴォン吹かすバイクもいるよね。
どけと言わんばかりに。それもすごい勘違いしてると思うし。
あーもう、ほんとどっちが悪いとか一概に言えないとは思うのよね。

まああんまり「私が先に行くんじゃー、どけー」っていう走り方は
しないように気をつけようと思います。
私もオレンジラインはまたがないよ。ほんとにパクられるみたいだしね★

>mikazukiさん
殺伐とした公道だから、ちょっとした親切がすごーく嬉しく感じられるんですけれど、
でも、やっぱりそもそもぎすぎすしないに越したことはないですもんね。
私もできるだけ、相手のことを思いやれる走り方をしたいなーと思います。
みんながみんなそうなったら、事故とかも減っていくと思うんですよねー。

SHERYL CRAIG Eメール URL 2013年08月28日(水)14時48分 編集・削除

本語を含まないメッセージは投稿できませ<p>0 1170 mAh battery pack <a href="http://umi-bito.com/bbs/topic.php?id=503070" >Louis vuitton outlet</a>? Rede timt 357 minutes/standby time 365 Stundenbatterie Supervisor Daten-Manager Der Motorola FlipOut Mobile 2.?.And while Sie denken davon just wie many Netzkasinos existieren, es provides irgendeine Idee von in welcher way popul&auml;re Gastkasinos on der net ist.?.This ist, den der way sind die L&auml;den allowed zu stellen Sie die lebhaften Farben aus with the Bilder, in Anbetracht es die Lichter can ist, quite stark.?.Likewise, der photopolymer marschiert is, der nicht to erlauben Sie kleine Unternehmen in making spezielle Gummistempel resourcefully, als diese Gummistempel usually are gemacht f&uuml;r eine ehemalige Reihenfolge and auch the Schimmel ist kein much longer gebraucht.?.individuals MySpace Comments Don? t-Fr&auml;ulein A zeigt in time? Gro&szlig;e Spitzen f&uuml;r Activity Fotografiefu&szlig;ball &uuml;bt, party Konzerte, das Zelten Reisen in Additions to Musikklassen, unsere modernen Leben really wirklich a verschwimmen Sie von Aktivit&auml;t, nevertheless dieser shouldn? t work Fall f&uuml;r unser pictures.?.</p>

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー