記事一覧

膝を屈するとはまさにこのこと…

 私は「誰もが気軽に始められる体力作り」だと思って走ることを始めたので、ランナーさんがこぞって身につけてる高そうなタイツがほんとにギモンでした。なんでタイツ一つが1万円以上するのかと。なんぼのもんかと。

 元箱根駅伝チームの主将で、某有名企業の実業団に所属し、オリンピックを目指してたという経歴を持つ、お友達の北京くんも言ってました。「そんなもん使ったことないっす。シューズだけえぇもん買っとけばいいんです」と。だよねー。別にそんなもん使わなくたっていいじゃんね(参考にしていいのだろか…?)。

 でも、走るたびに痛むようになってしまった右膝の恐怖に耐えかねて(←痛みはそんなに大したことないんだけど、いつか大したことに発展するんじゃないかと怖くて怖くて…)、それだったらいっそ私も買ってしまおうと。

ファイル 1344-1.jpg

 cw-x エキスパートモデル。定価¥10,290です…。これぞまさに膝を屈したってヤツですね…orz あ、でも、定価でなんかもちろん買ってないっすから。実質6,000円ちょいしか払ってませんから( ̄Д ̄)ノ(←負けず嫌い)
続き
 そして、色間違えた…ほんとは薄ピンクのラインが入ってるだけのヤツ買おうと思ってたのに、デザイン派手めなローズピンクを買っちまった…これからウェアもシューズも青に統一してこうと思ってたのに~(涙)
続き
 口コミ読んでてもなんかすごいの。大抵は登山とかウォーキング、ジョギング、テニスなんかする人たちが使ってるみたいなんだけど、「いつも痛くなる膝が痛くならなかった」「次の日筋肉痛にならなかった」とか。うおー、マジか。足の疲れをそこまで軽減してくれるのだとしたら、マラソンでものすごい戦力増強になるんじゃね?

 で、今日の皇居ジョグで初使用~。履くのかなりきついです。私、身長的にはMサイズだけど、ふくらはぎや尻のサイズ的にはSかも、とサイズ選びで悩んだんだけど、Mでこんだけきついなら、S買ってたらきっと履けなかった…。

 この着圧で足の肉が揺れるのが押さえられますw そして、走ってみた感じは、足全体ががっちり抑えられて、膝やふとももに負担がかからないような気が。実際にビルドアップ(周回ごとにペース上げてく)の3周目のラストスパートも全く余裕。足が楽なせいか、呼吸も最後まできちんともった。帰り道も足の疲労感ほとんどナシ。これすごい! こんな威力があったとはー!! 絶対本番でも使うぞ。

ただ、けっこう分厚いから涼しさはあんまりないかも。色も黒だから、日中使ったら熱集めそうだなあ。気温が高いときには使いたくないな。薄いグレーとかあったら即買いなのにな

 ずっと「高い用品には絶対手を出さず、私は自分の実力だけでやってくから!」って思ってたのが、このたび自分のふがいなさ故に購入に至ってしまったわけですが、でも、こう↓考えたらいいのかな、と。

 結構みんなこーゆー高機能ウェア使ってるけど、もし最初から使ってたら、使ってるのが「普通」の状態であって、全然プラスじゃないわけ。私はこういうものに頼らない状況を知ってて、なくてもまあそこそこやれてたんだけど、もっと長く、もっと速く走ろうとしたら無理が出てきてしまったので、挫折して使ってみたら、感動するほどすごい良かったわけ。「履いてるのが普通」の人には味わえない感動を味わえているわけ。

 洗濯用にもう1着( ̄Д ̄)ノとか気軽にはいけないけど、また膝痛めることがないよう、練習でも惜しみなく使っていこう。レースでも良い結果に繋がればいいなー。

にほんブログ村 バイクブログ 女性ライダーへ にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
↑アクセスランキングに参加しています! どちらかクリックしていただけると更新の励みに繋がります~♪

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー