2006年9月 秩父キャンプツーリング 1日目
9月2日(土)
天気:晴れ
走行距離:201.0Km
2日目
9月3日(日)
天気:晴れ
走行距離:208.9Km

久々ホーちゃんでツーリング

 秩父キャンプツーリングに行ってきました。全都道府県制覇も間近だというのに、考えてみたら秩父はまだ行ったことない。彼はD−TRACKERなので、今回はホーちゃんで。ホーちゃんでの遠出は久しぶりだなー。でも9時に高坂SA待ち合わせなのに、いきなり遅刻〜。いつもの習性でSA直前まで下道で行こうとしたのに、環7上ですでに9時を迎えてるんですがー(≡д≡)ぁぅぁぅ 練馬から全開です。うーわー、積載ミスった銀マットが後ろでばっさばっさしてる…飛ぶなよー。ホーちゃんももう年なのに限界まで頑張らせちゃってごめんね。
(モタードって興味あるんだけど、Dトラで爪先立ちなのよねぇ…→)

子ヤギちゃん

 嵐山小川ICで下りて、のどかな県道をとことこ走る。あー、のんびりゆったり、気持ちいいな。高台のふれあい牧場はコスモスも咲き出してすでに秋の気配。ソフトクリーム食べつつ、ヤギと戯れる。子ヤギめっちゃかわいい。オトナヤギはなでられても平然としてるけど、子ヤギはぷるぷるしながら逃げる。追い回してるとママが「め゛〜」って保護しに来る。オスは別エリアに金網で隔離されてて、すぐに角で突進してこようとするし、死ぬほど臭うし…いくら動物大好きでもちょっと戯れる気にはならないなぁ。

イナカってよいわ〜

 道の駅・龍勢会館で休憩。昔の街並みがあるー!と思ったら、「草の乱」とかいう映画のセットを移築したのだそうで。囲炉裏囲みつつ、みそおでんで一服。やたらと話しかけてくる地元のおじちゃんの言葉は半分くらいしか聞き取れなかった。東京から程近いのに、茨城出身の私がびっくりするくらい落ち着く雰囲気。

えすえるだぁーヽ(‘ ∇‘ )ノ

 次の目的地に向かう途中、彼が突然左に曲がってバイクを停めた。さっきから後ろの原付がやたらカンジ悪い走り方してたからそのせいかと思ったら、わざわざ時刻調べてSLを見せてくれようとしてたそうで。予想より道の流れが悪かったので、ここで到着を待つ。遠くから汽笛の音がして、真っ黒な車体が走ってきた。無駄な部分がすっぱりそぎ落とされちゃったような今の電車と違って、ごつごつ無骨な形には味がある。手を振ったら運転手さんが手を振り返してくれた。きっとすごく楽しみながら仕事してるんだろな。

さっぱり、おそば

 道の駅・荒川村で手打ちそばでお昼。さくさくのてんぷらもついて¥750は安いよね。もう2時半で、だいぶお腹も空いてて、余計に美味しかった。
 道の駅から1.9Km歩いたところに「たまご水」っていうのがあるらしい。観光案内のお兄さんに「湧き水かなんかですか?」って聞いてみたら「えぇ、行ってみればなぜ『たまご』なのかわかりますよ」って意味ありげに笑ってるし…うぉー、気になる。でもちょっと時間がないので今回はパス〜。

今夜の宿

 細い道をくねくね登って両神山麓キャンプ場へ。途中、大きなセメント工場があって、ダンプとすれ違ったり、道が砂利だらけだったりでちょっと怖かった。砂利の敷地の奥の方にバイクごと乗り入れて、とりあえずテント設営。今日の宿が完成したとこで、また細い道を通って山を下り、食材調達して、道の駅・両神温泉薬師の湯で温泉に入る。透明なお湯はちょっとぬめりがあって、お肌しっとり。綺麗な施設なのにお客さんがほとんどいなくてのんびり入れた。

今夜のご飯

 日が暮れてもう真っ暗な細道をまたくねくね登ってキャンプ場へ。火をおこし、野菜を切ってご飯の支度。キャンプでこんなにしっかり料理するのって初めてです。焚き火は大好きだけど、一人キャンプじゃ絶対しないし、最近は直火OKのキャンプ場自体がなくなってきてるから、けっこう貴重な体験。ほんとは水団(すいとん)になるはずだったのに、野菜がいっぱい過ぎて水団の入る余地がなくなり、野菜の煮物状態…でも直火効果か野外のせいか、すごく美味しかったです♪ 家族連れや若者の集団ばかりだったけど、みんな早くに就寝しちゃって、静かな山の中で焚き火にあたりながらのんびりお酒飲んで、楽しく過ごせました。

(ワンカップは私のじゃないからwww→)

朝からお散歩

  今回のツーリングはのんびりまったりがテーマなので、朝も起きたい時間に起きて、まずは片付けもせずに朝からお散歩。近くにある丸神の滝を見に歩いていく。片道30分との話で山を登り出してみれば、ものすごい急な細い山道で、そっこーで息が上がる。途中もクモの巣だらけだし、あんまり歩く人いないのかも。

(←ここからでも滝の全貌は見えるんだけど…でもせっかくだから滝つぼまで頑張ろう)

来たぜ、滝つぼ

登って、下って、足滑らせて、汗まみれになって、ようやく滝つぼ到着。歩くことは好き。筋肉使ってるカンジが気持ちよい。水も冷たくて涼しい〜。石をひっくり返してサワガニとかサンショウウオとか探してみたけど何もいなーい。


 違うルートから来たおば様たちがいた。話聞いてみたら同じように斜面がきついみたい。でも同じきつい道なら、違う風景見てみたいってことで、そっちの道で帰ってみた。行きと違って緩やかな下りオンリーで全然楽チーン。逆にうちらが来たルートで帰っていったおば様たちは今頃地獄を見てるんじゃなかろうか。ちと心配。

今日はうどん

 テント撤収して、ふもとまで下りて、有名な目の神社にお参り。私の視力は相当弱い。これ以上弱まって、バイクの旅ができなくなったりしませんように(-m-)”
 神社の目の前にあったお蕎麦屋さんでランチ。彼はわらじカツ丼、私はイワタケ寿司と手打ちうどんのセット。イワタケって初めて食べた。黒くて一見海苔みたいだけど、食べるとこりこり。ゴマだれで食べるおうどんもさっぱりして美味しい。

里山の風景

   トンネルの分岐を車の流れと違う方向へ。一人じゃ絶対行く気にならないような、対向車に恐怖を感じるほどほっそいくねくね道を通り抜け、着いたのは栃本関所跡。高台から見下ろす里山の風景は関東とは思えないくらいよい雰囲気。木陰に座ってしばらくのんびり。

帰り道は…

 帰りは長ーい雁坂トンネルを抜け、ブドウ畑の中を通り、勝沼ICから中央道へ。いつもの渋滞、談合坂SAなんて入口で係員の人たちが「SA出口30分待ちです〜!」なんて叫んでたけど、すり抜け疲れた。ちょっと休憩。渋滞ハケるまで…とだいぶのんびりしてました。結局解消はしなかったけど。

 今回はいっぱいいろんな動物を見たり触ったりできて、めちゃくちゃ楽しかったのです。「ナナフシって保護色使えるんだね!」「こんなでっかいアメンボ初めて見た!」「カナヘビ発見!」「蛾がアリに襲われてるー!」「さるさるさるー!!」って夢中になって生き物と戯れてる私に対し、「このクモ、巣を揺らすと自分でびよびよ〜って揺れを増幅させるんだよ」って教えてくれる彼は、さながら子供を自然教室に連れてきた父親のようでしたw いやー、東京からこんな近いとこにこんなに自然豊かな場所があるとは。今回は回れなかったとこもいっぱいなので、また秩父、遊びにこようっと。

My Rider's ChicのTOPへ