2007年11月 電車に揺られて会津湯けむり紀行 1日目
2008年7月19日(土)

362.2Km

梅雨も明けたし、ツーリングだ〜

 待ち合わせは10時に関越道・駒寄PA。つくばの実家から下道で北関東道・太田桐生ICまで走って関越に乗れば、2時間半で着くだろうって私の見立ては正にぴったり! だったんだけど、7時半に出発するつもりが、ママンがしっかり朝食用意してくれちゃったもんで、出発が30分遅れちゃった…。

 R50はものすっごく流れがいい。おまけにガソリン安い。全国のガソリン平均価格が¥180とか言われてるこのご時勢に、エネオスのセルフでリッター¥169でした。もちろん満タン給油♪ 待ち合わせ場所に着くだけですでに150km走ってます…。

 実は私、今回のツーリングは待ち合わせ場所しか知らないまま来て見たんだけれど、彼に聞いてみたら今夜の宿は湯西川温泉の山奥のキャンプ場を予約してるらしい…つくば→駒寄PA→湯西川って、相当遠いぞ…観光しないでまっすぐキャンプ場に向かうとか、絶対ナシだからなー(≡д≡)

紫色のたんばらスキーパーク

 06−07シーズン滑り納めに行ったたんばらスキーパーク。7〜9月にはラベンダーパークに様変わりするのです。リフト券持って行けば無料で入れるからいつか行ってみたいなと思いつつ、なかなか行く機会がなかったのよね。今回も宿泊地が遠いから、行くのあきらめようかと思ったけど、頑張ったよ。おまけに先シーズンは来てないからリフト券はナシ…。

 まずはお腹が空いたのでまずは食堂へ。いかにも〜なゲレ食が懐かしいわあ。


ゲレンデの面影はゼロ。一面に広がるお花畑。

板履いてないのになぜかしょっちゅう止まるリフト…

上に上がれば、ラベンダー畑が広がってます。
(遠目にも撮ったんだけど、色の薄い花だから見栄えがちょっと…)
香りは案外しないカンジ。 安眠用にポプリを購入〜。
種類の違うラベンダーが7月から9月まで咲き続けます。

ニッコウキスゲも咲き誇ってます。

吹割の滝に来た!

 丸沼高原スキー場とか武尊(ほたか)牧場スキー場に来るときにいつも気になっていた吹割の滝。今回ようやく来れました。想像を絶するデカさ。この大地にぱっくりと開いた裂け目に水が流れ落ちていく様子が伝わるかしら〜。危険なので白線の外に出ないよう監視員が見張ってるもんで、ギリギリのとこまでは近づけなくて、もどかしいです…。彼に「あの監視員をちょっと羽交い絞めしててよ」って言ったけど、すげなく断られちゃいました。ヘリとかに乗って上空から写真撮りたい。

光徳牧場で一休み

 R120で金精峠を超え、戦場ヶ原の辺りから奥鬼怒林道に入りました。入ってすぐの光徳牧場で一休みしてから、林道越え開始。元は本当にダートの林道だったという道。前にホーネットで走ったことあるけど、ここってば相当細くてくねくねなんだよね。最近の講習会の練習成果が少しは出るかな〜って思ったけど、それどころじゃないカンジでした。必死。タヌキやヘビさんがいっぱい死んでたな〜(-ω-;)

山道走り続けて何とか到着

 その後も県道23号→県道249号と、ほっそいくねくね道をうんざりするほど走り続けて、何とかたどり着いた安らぎの森キャンプ場。最後の頃はちょっとは慣れてきた気がします。でもブラインドコーナーだらけの山道を先導し続けた彼はだいぶ疲れた模様…。

 すでに薄暗くなり始めたキャンプ場で慌ててテント張って、食料とお風呂を調達しに湯西川温泉街に下ります。バイク2台だと動きづらいので、彼のDトラに2ケツで…。

湯西川温泉郷

 平家の落ち武者たちの隠れ里だったという湯西川温泉、そりゃ山奥なのも当然だよね。そんな温泉郷に「下りて」くるうちらw とにかく夕飯とお風呂とお酒は調達せねばなので、目に付いた酒屋さんに入って、食事処と温泉施設を訪ねたら、何とかありつけました。食堂は「丼かカレーなら出せる」とのことで、カツ丼…。旅館の立ち寄り湯は大抵16〜18時で終了のところ、20時半にもかかわらずご対応いただきました。ありがとうございましたm(_ _"m) 湯治の宿だったようで、掛け流しのお湯が素敵〜。

竹の宵祭り

 お風呂出て散策してたら、何やら小さな会場で、竹をくりぬいた中に火を灯したものをいっぱい並べて、お祭りをやっています。こちらで言う七夕祭りのようなものなのかな? なんだか幻想的で、すごくよい雰囲気。

ランタンの灯りの元で乾杯〜

 彼の新アイテム・ガスランタンの火を灯し、買ってきたお酒で乾杯〜。キャンプ場の脇には小川が流れ、ヨタカやオニツグミがひっそりと鳴いてます。ファミキャンが何組かいるけど、騒ぐ人もなく、静かでよい雰囲気。満月の翌日なので星は期待できないけど、草むらに光ったり消えたりする何かが…こんな時期に、こんな間近で蛍を見れました。なかなかよい環境だわ〜。
  Yuma all rights reserved