2006年9月 日光ドライブ 2日目
2006年9月24日(日)

天気は爽やか、気分は…orz

 朝起きてもがっつり二日酔い〜。食欲わかなくて朝食残しまくり。のんびり準備して、日光ワンニャン村を見に行きたいという動物好きのサトウさんを車で送っていってあげる。写真は出発前に同じYHに泊まっていたAPE乗りくんに撮ってもらった。サトウさんと別れた後、信号待ちしてるAPEくんを発見し、「おーい」って手を振ったら「あれ、4人じゃなかったっけ?」って言われ、「あぁ、一人公園に置いてきたんだよー。あ、青だ。じゃーねーヽ(‘ ∇‘ )ノ」って言ったら、何だかぎょっとした顔してた。何か勘違いされたかも…。

瀟洒なJR日光駅

 今となっては東京から電車で日光に来るなら東武線の方が全然便利なのでJR日光駅は閑散としているけど、駅舎の作りは断然JR日光駅の方が凝ってる。かつては天皇家の人たちが日光の御用邸に来るときに御用列車走らせたりしてたため、貴賓室まで備わってる。今は一般にも開放されてて、ホワイトルームと呼ばれる真っ白な壁とシャンデリアのある貴賓室では写真展が開催されてた。建物も写真も綺麗なんだけど、何だか胸がむかむかするよ…ちょっとお茶を…。

いろは坂を登る

 普段は車酔いはしないタチなんだけど、今日は全然ダメだ〜。二日酔いと車酔いのダブルパンチでもはや息も絶え絶え。たまたま北海道ツーリングのときに買った船酔い用の薬があったので、吐きそうになりながら飲み込む。景色も天気もこんなに綺麗なのに…。
 いろは坂が開通する前は使われていたケーブルカーの跡。これもれっきとした廃線。

続・いろは坂

 スガハラさんは車の運転は相当上手いらしい。ご家族と共有の車なのでカリカリにスポーティーな車種ではなく、フォルクスワーゲンのなんか可愛いヤツ(私は四輪は全然わかりません…)で「全然吹けねー。いらいらするー」って文句言ってらっしゃるけど、さっきからタイヤがキーキー鳴きっぱなしです。いろは坂でバイク抜きながら走るファミリーカーって初めて見たよ。すげー! ちょっと興奮して気分悪いのも薄れた。

 せっかくなんで華厳の滝に来てみたけど、みんな一度は見たことあるのでエレベーターにまで乗る気はせず、上から覗く。マイナスイオンで体調回復しないかしら〜。

半月平から見る中禅寺湖


 今まで気にはなってたけど行ったことのなかった半月平。中禅寺湖が見下ろせます。けっこうよい眺めのわりに、そんなに観光客にあふれることもなく、なかなかよい展望スポット。背の高い木が視界を遮っちゃうのが玉に瑕。湖面の色は一色じゃなく、微妙に色合いの違う青が入り混じる。水温の違い? 雲の影? 未確認巨大水中生物?

ゆば尽くしのさっぱりお昼

 戦場ヶ原のドライブインでお昼。あんまり食欲もないのでさっぱりとしたものを。と思って冷やしゆばうどんを注文。何だかすごい混雑っぷりで、なかなか運ばれてこなーい! 食欲なかった割りにデザートまでしっかり食べる。ゆばソフトクリーム。お豆腐の香りがしっかり漂う。ゆばって何となく好き。体調もかなり回復してきたぞ。

鹿と戦場ヶ原

広々した戦場ヶ原を軽く散策とかしてみたかったんだけど、誰も散策路を知らなかったし、時間もなかったので、いつもの展望台からぼへーっと眺める。

 小鹿がぴょこぴょこお母さんを探してた。展望台から「お母さんはあっちにいるのに!」と気をもんでたけど、何とか2匹は無事会えて一安心。

滝だー

 戦場ヶ原を出発してすぐ、私が「滝展望所って書いてあるー!」と看板を発見し、急遽駐車。湯滝というらしい。バイクだったら一人が興味あるもの発見しても急にみんなで停まることなんてできないし、こういうのはドライブのよいところだな。

 駐車場はちょうど川が滝となって流れ落ちるところだった。丸っこいカモたちが、流されそうで流されない危険水域をのんびり泳いでる。たまには落ちちゃうヤツもいるのかな? 階段下りて下から見上げる。今まで知らなかったけど、けっこう大きな滝だなー。下の川では釣りしてる人もいて涼しげ、楽しそう。

日光湯元の温泉寺

日光湯元温泉に来てみた。今回はお寺の中にあるという温泉に入る。源泉に最も近いから温泉効果もありそうだし、ご利益までおまけについてきそうだ…。

 ここでまたAPEくんに再会。「誰か一人隠れてまた驚かそうぜ!」ってことでいたずらしてみたり…。期待通りの反応ありがとう♪

源泉で理科の実験

 お寺のすぐ近くにある源泉。先生に引率された子供たちが楽しそうに10円玉を水溜りにつけて色を変色させてたので、オトナな私たちはリッチに100円玉、500円玉で実験。すげー、こんな小銭、レジで出したら嫌がられそうだ。

渋滞避けて温泉のんびり

 もうね、ここまでの記憶がゼロです。私とミクモさんは車内で爆睡でした。途中にとても夜景が綺麗なところがあったけど、起こすまでもないかと一人黙々と運転されてたスガハラさん、ほんとすいません。関越道の渋滞がはけるのを待つため、温泉入って時間を潰す。地元の方くらいしか来なそうな静かなねごや城温泉。露天で広々浸かれました。

 基本バイクツーリングが大好きなんだけど、たまにはみんなでドライブっていうのもいいもんだな〜と感じた2日間でした。

  Yuma all rights reserved